学科紹介

福祉・医療・スポーツのプロになる

福祉やこども、医療事務、スポーツ健康の各分野は、どれも「人と関わり、援助する」仕事です。
それぞれの仕事により必要な資格やスキルがあるため、まずは、どんな仕事なのかをしっかり理解し、自分自身でやりたい仕事を見つけましょう。

  • めざせる職種

    高齢者施設や障がい者支援施設の介護福祉士

    介護のニーズは年々多様化しているので、活躍のフィールドも多種多彩です。利用者の方が豊かに快適に暮らしていけるようサポートすることが目的です。

  • めざせる職種

    医療事務、歯科助手、介護事務

    素早く正確な事務ができることはもちろん、電子カルテなど医師の事務作業の補助も行える高いスキルや、患者様への細やかで温かな対応と臨機応変に行動できる力が求められています。

  • めざせる職種

    幼稚園教諭、保育士

    成長・発達の最も重要な期間とされる乳幼児期に関わって、一人ひとりの可能性を伸ばし、社会性を育み、たくましく生き抜く力が身に付くよう支えていきます。

  • めざせる職種

    幼稚園教諭、保育士

    成長・発達の最も重要な期間とされる乳幼児期に関わって、一人ひとりの可能性を伸ばし、社会性を育み、たくましく生き抜く力が身に付くよう支えていきます。

  • めざせる職種

    社会福祉士、ソーシャルワーカー、生活相談員、
    生活支援員

    社会福祉士の支援する範囲は、児童から高齢者、障がい者、生活困窮者など幅広く、また活躍の場も各種相談機関や福祉施設等と多岐にわたっています。

  • めざせる職種

    精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)

    病院や福祉施設、行政機関などで、こころの健康を保つことが難しくなった方に、住み慣れた地域で暮らすための相談にのったり、必要なこころの力を回復していくための支援を行います。

  • めざせる職種

    トレーニングコーチ、チームスタッフなど

    競技志向のアスリートはもちろんのこと、スポーツを通じて幼児から高齢者さらには障がいを持った方々までサポートする、社会における「スポーツのプロ」が今後ますます必要となります。