学科紹介

福祉・医療・スポーツのプロになる

福祉やこども、医療事務、スポーツ健康の各分野は、どれも「人と関わり、援助する」仕事です。
それぞれの仕事により必要な資格やスキルがあるため、まずは、どんな仕事なのかをしっかり理解し、自分自身でやりたい仕事を見つけましょう。

  • めざせる職種

    高齢者施設や障がい者支援施設の介護福祉士

    高齢者や障がい者の「自分らしく生きる」を支えるため、実践的な生活支援技術を学びます。さらに、豊富な校外活動を通し、相手の立場を理解し尊重しながら支援できるよう福祉の心も磨きます。

  • めざせる職種

    医療事務、歯科助手、介護事務

    素早く正確な事務作業ができるだけでなく、電子カルテなど医師の事務作業の補助も行える高いスキルや患者様への細やかで温かな対応と臨機応変に行動できる力も身に付けます。

  • めざせる職種

    幼稚園教諭、保育士

    専門的な理論と技術を短大併修授業で学び、豊富な実践実習で総合的な子育て支援ができる保育者を目指します。現場で活きる高い専門知識や経験をじっくりていねいに磨く充実の3年制です。

  • めざせる職種

    幼稚園教諭、保育士

    こども一人ひとりの可能性を伸ばし、社会性やたくましく生き抜く力を育めるよう、成長・発達を支援するために必要な知識や技術を最短2年の集中カリキュラムでできちんと身に付けます。

  • めざせる職種

    社会福祉士、ソーシャルワーカー、生活相談員、
    生活支援員

    制度や法律などを学ぶことはもちろん、社会の仕組みや人との関わりについても深く考察します。さらに、豊富な実践実習を通して自ら考え実践する能力や主体性を身に付けます。

  • めざせる職種

    精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)

    児童から高齢者、障がい者の福祉など、社会福祉全般について広く学ぶことで、不安や悩みを持つ方たちに寄り添い、こころの健康をサポートできる精神保健福祉士を目指します。

  • めざせる職種

    トレーニングコーチ、チームスタッフなど

    プロチームとの連携実習をはじめ、様々な実践実習で競技志向のアスリートはもちろん、幼児から高齢者さらには障がいを持った方々までサポートする「スポーツのプロ」を目指します。